名前占い・姓名判断・名づけ 名前占いで自分探し・人探し 占いならば任せなさい!

小端 さん:「 ふ 」 (1)

 名前占い > 小端 >
  
姓が小端の有名人:
みつかりませんでした。
小端 さんの名前をえらんでください。1099件あります。
小端菲菲 (ふぃふぃ)小端菲菲 (ふぃふぃ)小端菲菲 (ふいふい)
小端菲菲 (ふいふい)小端楓 (ふう)小端芙羽 (ふう)
小端風羽 (ふう)小端富愛 (ふうあ)小端風亜 (ふうあ)
小端風杏 (ふうあ)小端風花 (ふうか)小端楓花 (ふうか)
小端風香 (ふうか)小端楓香 (ふうか)小端楓華 (ふうか)
小端楓香 (ふうか)小端風歌 (ふうか)小端風花 (ふうか)
小端風華 (ふうか)小端風香 (ふうか)小端復花 (ふうか)
ランダムメモ: 山陰地方に多い村上、河野、越智は中世に海賊衆とよばれた伊予を中心に活躍した強力な水軍をもつ武士たちが用いた姓です。
小端復花 (ふうか)小端芙佳 (ふうか)小端楓歌 (ふうか)
小端風卯花 (ふうか)小端風雅 (ふうが)小端楓雅 (ふうが)
小端富凱 (ふうが)小端楓芽 (ふうが)小端風我 (ふうが)
小端楓旗 (ふうき)小端風旗 (ふうき)小端風起 (ふうき)
小端風来 (ふうき)小端風貴 (ふうき)小端冬雨子 (ふうこ)
小端楓子 (ふうこ)小端風右子 (ふうこ)小端風子 (ふうこ)
小端風子 (ふうこ)小端風羽子 (ふうこ)小端楓悟 (ふうご)
ランダムメモ: 中島さんの姓名判断はこちら→中島
小端風語 (ふうご)小端風士 (ふうし)小端風志 (ふうし)
小端富次 (ふうじ)小端風児 (ふうじ)小端風爾 (ふうじ)
小端楓介 (ふうすけ)小端風助 (ふうすけ)小端富聖 (ふうせい)
小端楓晴 (ふうせい)小端楓太 (ふうた)小端風太 (ふうた)
小端富多 (ふうた)小端楓達 (ふうたつ)小端楓立 (ふうたつ)
小端風太郎 (ふうたろう)小端風太朗 (ふうたろう)小端楓斗 (ふうと)
小端風人 (ふうと)小端風土 (ふうど)小端馮道 (ふうどう)
ランダムメモ: 画数に「16」をもつ人は目上の人からかわいがられ、後援なども得て発展していく良い運です。周囲の人や友人・知人が、あなたの運勢のキーパーソンであるといえます。平凡な人には興昧を示しません。非凡な才能を持った人や実力者などとの交際を通して、何かを吸収し、自分にプラスとなる生き方をします。
小端風羽奈 (ふうな)小端風奈 (ふうな)小端風南 (ふうな)
小端富羽音 (ふうね)小端楓乃 (ふうの)小端風乃 (ふうの)
小端風葉 (ふうは)小端楓真 (ふうま)小端風馬 (ふうま)
小端風磨 (ふうま)小端富万 (ふうま)小端楓丸 (ふうま)
小端芙海 (ふうみ)小端楓也 (ふうや)小端風哉 (ふうや)
小端風谷 (ふうや)小端風矢 (ふうや)小端楓理 (ふうり)
小端風利 (ふうり)小端楓梨 (ふうり)小端風凛 (ふうり)
ランダムメモ: 画数に「12」をもつ人は何を考えているのかわからないというイメージが強く、人に理解されにくいでしょう。生来の引っ込み思案で地味なのも手伝って、孤独になりがちです。社交的になることで運命は変えることができます。
小端笛 (ふえ)小端笛子 (ふえこ)小端富恵子 (ふえこ)
小端富得子 (ふえこ)小端富得子 (ふえこ)小端富恵子 (ふえこ)
小端笛音 (ふえね)小端笛乃 (ふえの)小端笛彦 (ふえひこ)
小端笛美 (ふえみ)小端笛美 (ふえみ)小端深草 (ふかぐさ)
小端洋 (ふかし)小端深志 (ふかし)小端深 (ふかし)
小端深栖 (ふかす)小端深乃 (ふかの)小端深乃 (ふかの)
小端ふかみ (ふかみ)小端深美 (ふかみ)小端普願 (ふがん)
ランダムメモ: 明治末期から大正にかけて名を成した画家で、小室翠雲という人がいましたが、「スイウン」の発音が衰運に通じるた心、縁起をかつぐ人や投機家は翠雲画伯の絵を敬遠しました。一方、同時代の寺崎広業画伯は業を広める″とは縁起がよいとばかり、だれにでも喜ばれました。
小端富喜 (ふき)小端富貴 (ふき)小端冨貴 (ふき)
小端扶紀 (ふき)小端芙樹 (ふき)小端蕗 (ふき)
小端福貴 (ふき)小端富喜 (ふき)小端冨貴 (ふき)
小端楓生 (ふき)小端芙紀 (ふき)小端風葵 (ふき)
小端富喜恵 (ふきえ)小端富貴枝 (ふきえ)小端富喜恵 (ふきえ)
小端ふき子 (ふきこ)小端フキ子 (ふきこ)小端吹子 (ふきこ)
小端夫希子 (ふきこ)小端婦喜子 (ふきこ)小端富喜子 (ふきこ)
ランダムメモ: 宿命数は、年、月、日の数を集約したものとし数百、数千という数も、Iの集積したものであるという原理から、人の生年月日を合わせて単数化したものが、宿命数になるのです。
小端富紀子 (ふきこ)小端富貴子 (ふきこ)小端富起子 (ふきこ)
小端冨喜子 (ふきこ)小端冨紀子 (ふきこ)小端冨貴子 (ふきこ)
小端扶紀子 (ふきこ)小端芙喜子 (ふきこ)小端芙希子 (ふきこ)
小端芙季子 (ふきこ)小端芙紀子 (ふきこ)小端芙貴子 (ふきこ)
小端蕗子 (ふきこ)小端復紀子 (ふきこ)小端文貴子 (ふきこ)
小端倭貴子 (ふきこ)小端苳子 (ふきこ)小端富貴子 (ふきこ)
小端富起子 (ふきこ)小端ふき子 (ふきこ)小端扶紀子 (ふきこ)
ランダムメモ: 6という数は、2と4の組み合わせのため、陰の気を含みます。
小端冨貴子 (ふきこ)小端富紀子 (ふきこ)小端芙貴子 (ふきこ)
小端芙紀子 (ふきこ)小端芙季子 (ふきこ)小端芙希子 (ふきこ)
小端冨紀子 (ふきこ)小端フキ子 (ふきこ)小端蕗子 (ふきこ)
小端吹子 (ふきこ)小端婦喜子 (ふきこ)小端富喜子 (ふきこ)
小端冨喜子 (ふきこ)小端芙喜子 (ふきこ)小端復紀子 (ふきこ)
小端風輝子 (ふきこ)小端譜紀人 (ふきと)小端風起人 (ふきと)
小端蕗人 (ふきと)小端フク (ふく)小端富久 (ふく)
ランダムメモ: 現在、「姓名」や「氏名」という場合の姓や氏の部分、つまり「鈴木」や「小林」などは、本来は苗字だったものです。苗字(名字)はもとは家名といい、氏や姓が公的な称号だったのに対して、通称のようなものでした。
小端冨久 (ふく)小端福 (ふく)小端冨久 (ふく)
小端富久 (ふく)小端福一 (ふくいち)小端福一郎 (ふくいちろう)
小端不空 (ふくう)小端フクエ (ふくえ)小端フクヱ (ふくえ)
小端富久枝 (ふくえ)小端冨久枝 (ふくえ)小端福絵 (ふくえ)
小端福江 (ふくえ)小端福榮 (ふくえ)小端富久枝 (ふくえ)
小端冨久枝 (ふくえ)小端吹枝 (ふくえ)小端冨久雄 (ふくお)
小端福男 (ふくお)小端福生 (ふくお)小端二九雄 (ふくお)
ランダムメモ: 一般的な吉数は、1、3、5、6、7、8、11、13、15、16、17、18、21、23、24、29、31、32、33、35、37、38、39、41、45、47、48、52、57、61、63、65、67、68、73、75とされます。
小端普久雄 (ふくお)小端福果 (ふくか)小端芙久佳 (ふくか)
小端風玖果 (ふくか)小端ふく子 (ふくこ)小端フク子 (ふくこ)
小端富久子 (ふくこ)小端冨久子 (ふくこ)小端福子 (ふくこ)
小端富久子 (ふくこ)小端フク子 (ふくこ)小端福子 (ふくこ)
小端ふく子 (ふくこ)小端布紅子 (ふくこ)小端福三郎 (ふくさぶろう)
小端福至 (ふくし)小端福茂 (ふくしげ)小端福四郎 (ふくしろう)
小端福二 (ふくじ)小端福治 (ふくじ)小端福司 (ふくじ)
ランダムメモ: 名前に使用できる文字は、戸籍法によって次のように定められています。・常用漢字 一九四五字・人名用漢字 二八四字・ひらがな(濁音、半濁音、ゐ、ゑを含む)・カタカナ(濁音、半濁音、ヰ、ヱを含む)。漢字の読み方についてはどのように読んでも自由で、特別の制限はありません。
小端福次 (ふくじ)小端富久治 (ふくじ)小端福寿 (ふくじゅ)
小端福治郎 (ふくじろう)小端福次郎 (ふくじろう)小端福三 (ふくぞう)
小端冨久三 (ふくぞう)小端福蔵 (ふくぞう)小端福太郎 (ふくたろう)
小端吹人 (ふくと)小端吹斗 (ふくと)小端福登 (ふくと)
小端福南 (ふくなん)小端冨久野 (ふくの)小端副弘 (ふくひろ)
小端芙玖大 (ふくひろ)小端福大 (ふくひろ)小端福丸 (ふくまる)
小端ふく美 (ふくみ)小端フクミ (ふくみ)小端富久美 (ふくみ)
ランダムメモ: 赤ちゃんが生まれたら、14日以内に出生届けを出すことが義務付けられています。14日を過ぎた場合、遅延に正当な理由が認められないと、科料を納めるように通知されることもあります。
小端扶久美 (ふくみ)小端風久美 (ふくみ)小端福実 (ふくみ)
小端福美 (ふくみ)小端福美 (ふくみ)小端風久美 (ふくみ)
小端富久美 (ふくみ)小端ふく美 (ふくみ)小端福実 (ふくみ)
小端芙玖海 (ふくみ)小端風紅美 (ふくみ)小端歩空弥 (ふくみ)
小端富久代 (ふくよ)小端富玖代 (ふくよ)小端福世 (ふくよ)
小端福代 (ふくよ)小端富久代 (ふくよ)小端福代 (ふくよ)
小端福世 (ふくよ)小端富玖代 (ふくよ)小端風吹 (ふぐき)
ランダムメモ: 山下さんの姓名判断はこちら→山下
小端苻堅 (ふけん)小端普子 (ふこ)小端普光 (ふこう)
小端ふさ (ふさ)小端フサ (ふさ)小端夫佐 (ふさ)
小端富佐 (ふさ)小端富沙 (ふさ)小端富紗 (ふさ)
小端布佐 (ふさ)小端布沙 (ふさ)小端布紗 (ふさ)
小端芙佐 (ふさ)小端芙沙 (ふさ)小端芙早 (ふさ)
小端房 (ふさ)小端芙早 (ふさ)小端富紗 (ふさ)
小端夫差 (ふさ)小端芙佐 (ふさ)小端布沙 (ふさ)
ランダムメモ: 陰陽配合は、姓名のすべての漢字が偶数のみまたは奇数のみの場合で、多くの流派で凶とされます。
小端富沙 (ふさ)小端富佐 (ふさ)小端富咲 (ふさ)
小端風沙 (ふさ)小端普済 (ふさい)小端ふさえ (ふさえ)
小端ふさゑ (ふさえ)小端紘枝 (ふさえ)小端滋重 (ふさえ)
小端総恵 (ふさえ)小端布佐江 (ふさえ)小端扶佐恵 (ふさえ)
小端房絵 (ふさえ)小端房恵 (ふさえ)小端房江 (ふさえ)
小端房枝 (ふさえ)小端房重 (ふさえ)小端房惠 (ふさえ)
小端房恵 (ふさえ)小端房枝 (ふさえ)小端紘枝 (ふさえ)
ランダムメモ: 木村さんの姓名判断はこちら→木村
小端ふさ江 (ふさえ)小端ふさゑ (ふさえ)小端房絵 (ふさえ)
小端ふさ恵 (ふさえ)小端布沙恵 (ふさえ)小端房男 (ふさお)
小端房生 (ふさお)小端房雄 (ふさお)小端富佐夫 (ふさお)
小端英香 (ふさか)小端房一 (ふさかず)小端房勝 (ふさかつ)
小端弦希 (ふさき)小端房吉 (ふさきち)小端ふさこ (ふさこ)
小端ふさ子 (ふさこ)小端フサ子 (ふさこ)小端英子 (ふさこ)
小端総子 (ふさこ)小端二沙子 (ふさこ)小端夫佐子 (ふさこ)
ランダムメモ: 宿命数は、年、月、日の数を集約したものとし数百、数千という数も、Iの集積したものであるという原理から、人の生年月日を合わせて単数化したものが、宿命数になるのです。
小端婦差子 (ふさこ)小端富佐子 (ふさこ)小端富沙子 (ふさこ)
小端冨沙子 (ふさこ)小端布沙子 (ふさこ)小端布紗子 (ふさこ)
小端扶佐子 (ふさこ)小端扶瑳子 (ふさこ)小端芙佐子 (ふさこ)
小端芙沙子 (ふさこ)小端芙紗子 (ふさこ)小端福幸子 (ふさこ)
小端福佐子 (ふさこ)小端福沙子 (ふさこ)小端房子 (ふさこ)
小端英子 (ふさこ)小端総子 (ふさこ)小端夫佐子 (ふさこ)
小端ふさ子 (ふさこ)小端芙佐子 (ふさこ)小端福佐子 (ふさこ)
ランダムメモ: 画数に「18」をもつ人は人生を通じて、大きな仕事をなす暗示があります。金銭的に困ることもなく、悠々自適な生活をエンジョイするでしょう。ピンチに陥ったときも、けっしてひるまず退かずエネルギッシュに危機を切り抜け、実力を十分に発揮します。趣味やけいこごとなどを心ゆくまで楽しみ、センスの良い生き方をします。不屈の精神力を持ち。つねに目標を掲げる生き方をします。難点は、少々計算進いをしやすいこと。あまり知能的ではなく、それが短絡行動につながります。
小端富佐子 (ふさこ)小端芙紗子 (ふさこ)小端二沙子 (ふさこ)
小端芙沙子 (ふさこ)小端フサ子 (ふさこ)小端扶佐子 (ふさこ)
小端二彩子 (ふさこ)小端風沙子 (ふさこ)小端房次 (ふさじ)
小端房太郎 (ふさたろう)小端房嗣 (ふさつぐ)小端房利 (ふさとし)
小端房乃 (ふさの)小端房徳 (ふさのり)小端総朔 (ふさのり)
小端房典 (ふさのり)小端房葉 (ふさば)小端房浩 (ふさひろ)
小端総寛 (ふさひろ)小端房宏 (ふさひろ)小端房勝 (ふさまさ)
ランダムメモ:  賢明なA型女性は、A型男性をいち早くみぬい て、うまくコントロールすることが肝心。A型男 性は秘密主義者が多く、浮気も計画的ですから、 決してその緻密な行動に惑わされないことです。
小端房美 (ふさみ)小端房巳 (ふさみ)小端房実 (ふさみ)
小端房美 (ふさみ)小端房光 (ふさみつ)小端房行 (ふさゆき)
小端フサヨ (ふさよ)小端滋世 (ふさよ)小端滋代 (ふさよ)
小端扶佐代 (ふさよ)小端房世 (ふさよ)小端房代 (ふさよ)
小端房洋 (ふさよう)小端総芳 (ふさよし)小端房良 (ふさよし)
小端房男 (ふさを)小端ふ志 (ふし)小端ふ志 (ふし)
小端不識 (ふしき)小端フジ (ふじ)小端藤 (ふじ)
ランダムメモ:  たえず積極的な生きかたをするO型人間には、 一歩遅れてついてくるA型女性は妹のように思え たり、自分にはなくてはならないアドバイザーの ようにも感じます。
小端不二 (ふじ)小端藤二 (ふじ)小端ふじゑ (ふじえ)
小端ふじ江 (ふじえ)小端ふじ枝 (ふじえ)小端ふぢ江 (ふじえ)
小端フジ江 (ふじえ)小端藤絵 (ふじえ)小端藤江 (ふじえ)
小端藤枝 (ふじえ)小端不二恵 (ふじえ)小端不二江 (ふじえ)
小端婦志枝 (ふじえ)小端富司江 (ふじえ)小端富士恵 (ふじえ)
小端富士江 (ふじえ)小端富士枝 (ふじえ)小端冨士江 (ふじえ)
小端冨士枝 (ふじえ)小端冨士枝 (ふじえ)小端フジ江 (ふじえ)
ランダムメモ: 長い姓(苗字)として、左衛門三郎(サエモンサブロウ)という姓があります。名前ではないですよ、姓だけでこれだけ長いのです。
小端ふじ江 (ふじえ)小端冨士江 (ふじえ)小端婦志枝 (ふじえ)
小端ふぢ江 (ふじえ)小端ふじゑ (ふじえ)小端富士枝 (ふじえ)
小端富士恵 (ふじえ)小端不二恵 (ふじえ)小端不二江 (ふじえ)
小端藤恵 (ふじえ)小端藤尾 (ふじお)小端冨治夫 (ふじお)
小端不二夫 (ふじお)小端富士男 (ふじお)小端富士雄 (ふじお)
小端藤雄 (ふじお)小端冨士夫 (ふじお)小端二士雄 (ふじお)
小端冨次雄 (ふじお)小端冨士生 (ふじお)小端富士生 (ふじお)
ランダムメモ: 元検事総長の「佐藤藤佐(さとうとうすけ)」、野球選手の「三宅宅三(みやけたくぞう)」、音楽家の「豊岡豊(とよおかゆたか)」、公文式の「公文公(くもんこう)」、染色家の「満留満(まるみつる)」、建築家の「清家清(せいけきよし)」などの方は、上から読んでも下から読んでも同じ名前になっています。
小端不二生 (ふじお)小端二士生 (ふじお)小端二士男 (ふじお)
小端二三男 (ふじお)小端富二夫 (ふじお)小端富士夫 (ふじお)
小端不二香 (ふじか)小端不二香 (ふじか)小端藤香 (ふじか)
小端不二花 (ふじか)小端藤紀 (ふじき)小端藤錦代 (ふじきよ)
小端ふじ子 (ふじこ)小端ふ志子 (ふじこ)小端フジ子 (ふじこ)
小端藤子 (ふじこ)小端二子 (ふじこ)小端二二子 (ふじこ)
小端不死子 (ふじこ)小端不二子 (ふじこ)小端夫自子 (ふじこ)
ランダムメモ: 宿命数は、年、月、日の数を集約したものとし数百、数千という数も、Iの集積したものであるという原理から、人の生年月日を合わせて単数化したものが、宿命数になるのです。
小端富士子 (ふじこ)小端富士美 (ふじこ)小端富二子 (ふじこ)
小端冨士子 (ふじこ)小端扶史子 (ふじこ)小端扶志子 (ふじこ)
小端芙二子 (ふじこ)小端フヂ子 (ふじこ)小端富士美 (ふじこ)
小端芙二子 (ふじこ)小端フ志子 (ふじこ)小端ふ志子 (ふじこ)
小端二子 (ふじこ)小端二二子 (ふじこ)小端富二子 (ふじこ)
小端扶志子 (ふじこ)小端藤三 (ふじぞう)小端富士隆 (ふじたか)
小端藤次 (ふじつぐ)小端藤斗 (ふじと)小端富士登 (ふじと)
ランダムメモ: 大化の改新(六四五年)を経て奈良時代・平安時代には、中国の唐にならって中央集権的な律令制度がしかれるようになりました。その中で天武天皇は、豪族を統制するために、姓を次のように順位づけて、「八色の姓」の制度として整備したのです。
小端藤利 (ふじとし)小端藤音 (ふじね)小端藤乃 (ふじの)
小端藤乃 (ふじの)小端藤伸 (ふじのぶ)小端藤治 (ふじはる)
小端富士彦 (ふじひこ)小端不二彦 (ふじひこ)小端冨士仁 (ふじひと)
小端藤廣 (ふじひろ)小端藤雅 (ふじまさ)小端富士匡 (ふじまさ)
小端不二美 (ふじみ)小端富士美 (ふじみ)小端富士未 (ふじみ)
小端富士美 (ふじみ)小端富士未 (ふじみ)小端藤美 (ふじみ)
小端藤女 (ふじめ)小端普寂 (ふじゃく)小端冨士弥 (ふじや)
ランダムメモ: 特に女の子の命名用漢字のアイディアについてはこちら→命名用の漢字
小端富士哉 (ふじや)小端富士弥 (ふじや)小端冨士哉 (ふじや)
小端藤康 (ふじやす)小端不二泰 (ふじやす)小端ふじ代 (ふじよ)
小端藤世 (ふじよ)小端藤代 (ふじよ)小端不二世 (ふじよ)
小端富士代 (ふじよ)小端富士代 (ふじよ)小端不二世 (ふじよ)
小端藤代 (ふじよ)小端富士義 (ふじよし)小端フス (ふす)
小端二男 (ふたお)小端二生 (ふたお)小端二雄 (ふたお)
小端双葉 (ふたば)小端双葉 (ふたば)小端二葉 (ふたば)
ランダムメモ: 六壬(りくじん)姓名判断は、中国太古から伝わる奥義占術とされた六壬神課を応用した占いです。六壬神課の歴史は紀元前からとも言われており、大変古い占いです。
小端双刃 (ふたば)小端弐葉 (ふたば)小端双巴 (ふたば)
小端富多羽 (ふたば)小端双美 (ふたみ)小端二美 (ふたみ)
小端二美 (ふたみ)小端二海 (ふたみ)小端淵江 (ふちえ)
小端渕江 (ふちえ)小端ふぢ子 (ふぢこ)小端フヂ子 (ふぢこ)
小端ふづき (ふづき)小端文月 (ふづき)小端文月 (ふづき)
小端芙津希 (ふづき)小端楓月 (ふづき)小端筆雄 (ふでお)
小端肇子 (ふでこ)小端肇子 (ふでこ)小端太 (ふとし)
ランダムメモ: 画数に「17」をもつ人は苦労を栄華に変えられる人です。歳月を重ねていくうち、しだいに基盤が築かれます。サラリーマンなどよりも、独立したほうが運が開けますが、ワンマン経営になりがちです。健康運は申し分ありませんが、事故やトラブルなど、突発的な災難に気をつけてください。
小端太司 (ふとし)小端太志 (ふとし)小端大 (ふとし)
小端太史 (ふとし)小端風冬志 (ふとし)小端太美 (ふとみ)
小端太美 (ふとみ)小端夫名子 (ふなこ)小端富名子 (ふなこ)
小端夫名子 (ふなこ)小端富名子 (ふなこ)小端船斗 (ふなと)
小端船穂 (ふなほ)小端舟 (ふね)小端舟 (ふね)
小端舟子 (ふねこ)小端不破 (ふは)小端不比等 (ふひと)
小端ふぶき (ふぶき)小端ふぶき (ふぶき)小端吹雪 (ふぶき)
ランダムメモ: 個人的な考えですが、現在の姓名判断の手法においては、画数があまりに偏重されすぎているのではないか?という点に不満を感じています。字形の美しさや音韻の美しさ等を体系化した姓名判断があれば、もっともっと受け入れられるだろうな・・・という風に考えます。
小端芙々季 (ふぶき)小端風吹 (ふぶき)小端風舞貴 (ふぶき)
小端不磨 (ふま)小端ふみ (ふみ)小端フミ (ふみ)
小端史 (ふみ)小端史美 (ふみ)小端晋美 (ふみ)
小端二美 (ふみ)小端二未 (ふみ)小端婦美 (ふみ)
小端富実 (ふみ)小端富美 (ふみ)小端冨見 (ふみ)
小端冨実 (ふみ)小端冨美 (ふみ)小端布美 (ふみ)
小端扶実 (ふみ)小端扶美 (ふみ)小端扶弥 (ふみ)
ランダムメモ: 天地連鎖とは、姓の最初の文字と、名の最初の文字が同画であるをいいます。
小端普美 (ふみ)小端芙実 (ふみ)小端芙美 (ふみ)
小端楓実 (ふみ)小端風実 (ふみ)小端風深 (ふみ)
小端風美 (ふみ)小端風未 (ふみ)小端文 (ふみ)
小端文御 (ふみ)小端文生 (ふみ)小端文美 (ふみ)
小端歩美 (ふみ)小端吏 (ふみ)小端芙美 (ふみ)
小端富美 (ふみ)小端二美 (ふみ)小端章 (ふみ)
小端文美 (ふみ)小端布美 (ふみ)小端冨美 (ふみ)
ランダムメモ: 私たちは、初対面の人にはまず自分の姓名を名のります。名刺を出すこともあります。電話をかけるときもまず自分の姓名を伝えます。そのときに、耳で聞いてすぐわかる名前、目で見てすぐ読める名前がよい名前です。そして、名前はその人を象徴するものですから、名前を聞いたり見たりするだけでその人のイメージがつくられるといってもいいすぎではありません。とすれば、よい名前とは、だれからも好感をもたれ、親しまれる名前ということになります。
小端婦美 (ふみ)小端歩美 (ふみ)小端文御 (ふみ)
小端冨見 (ふみ)小端芙実 (ふみ)小端扶実 (ふみ)
小端冨実 (ふみ)小端富実 (ふみ)小端迪 (ふみ)
小端文明 (ふみあき)小端文昭 (ふみあき)小端文昌 (ふみあき)
小端文彰 (ふみあき)小端文顕 (ふみあき)小端史明 (ふみあき)
小端史章 (ふみあき)小端文秋 (ふみあき)小端史昭 (ふみあき)
小端郁明 (ふみあき)小端文朱 (ふみあけ)小端文洙 (ふみあけ)
ランダムメモ: 田中さんの姓名判断はこちら→田中
小端文朱 (ふみあけ)小端ふみえ (ふみえ)小端ふみゑ (ふみえ)
小端ふみ江 (ふみえ)小端郁絵 (ふみえ)小端郁恵 (ふみえ)
小端郁江 (ふみえ)小端史絵 (ふみえ)小端史恵 (ふみえ)
小端史江 (ふみえ)小端史枝 (ふみえ)小端章絵 (ふみえ)
小端章恵 (ふみえ)小端章江 (ふみえ)小端典江 (ふみえ)
小端二三江 (ふみえ)小端二三枝 (ふみえ)小端二美恵 (ふみえ)
小端二美惠 (ふみえ)小端富水江 (ふみえ)小端富美絵 (ふみえ)
ランダムメモ: 苗字のうちの80%程度は地域・地名に由来していると言われています。
小端富美恵 (ふみえ)小端富美江 (ふみえ)小端富美枝 (ふみえ)
小端冨美絵 (ふみえ)小端冨美恵 (ふみえ)小端冨美江 (ふみえ)
小端冨美枝 (ふみえ)小端布美恵 (ふみえ)小端扶美枝 (ふみえ)
小端芙美絵 (ふみえ)小端芙美恵 (ふみえ)小端芙美江 (ふみえ)
小端芙美枝 (ふみえ)小端芙實絵 (ふみえ)小端風美絵 (ふみえ)
小端風美恵 (ふみえ)小端風美慧 (ふみえ)小端風美江 (ふみえ)
小端文愛 (ふみえ)小端文映 (ふみえ)小端文栄 (ふみえ)
ランダムメモ: 六壬(りくじん)姓名判断は、中国太古から伝わる奥義占術とされた六壬神課を応用した占いです。六壬神課の歴史は紀元前からとも言われており、大変古い占いです。
小端文英 (ふみえ)小端文絵 (ふみえ)小端文恵 (ふみえ)
小端文江 (ふみえ)小端文枝 (ふみえ)小端文重 (ふみえ)
小端文美恵 (ふみえ)小端文惠 (ふみえ)小端令恵 (ふみえ)
小端奎瑛 (ふみえ)小端文恵 (ふみえ)小端富美江 (ふみえ)
小端史江 (ふみえ)小端ふみ江 (ふみえ)小端冨美枝 (ふみえ)
小端富美恵 (ふみえ)小端富美枝 (ふみえ)小端二三江 (ふみえ)
小端ふみゑ (ふみえ)小端芙實絵 (ふみえ)小端芙美絵 (ふみえ)
ランダムメモ: 姓名のよしあしで、どうして運が決まるのかと疑問に思う人もいるでしょう。しかし、姓名学はさまざまな研究と数多くのデータから、学問として認められてきたものです。
小端冨美絵 (ふみえ)小端富美絵 (ふみえ)小端史絵 (ふみえ)
小端芙美枝 (ふみえ)小端史枝 (ふみえ)小端芙美江 (ふみえ)
小端冨美江 (ふみえ)小端章江 (ふみえ)小端芙美恵 (ふみえ)
小端冨美恵 (ふみえ)小端二美恵 (ふみえ)小端令恵 (ふみえ)
小端史恵 (ふみえ)小端二三枝 (ふみえ)小端文重 (ふみえ)
小端文美恵 (ふみえ)小端郁生 (ふみお)小端史緒 (ふみお)
小端文緒 (ふみお)小端二三夫 (ふみお)小端文生 (ふみお)
ランダムメモ: 石川遼について占ってみました→コラム:石川遼
小端文朗 (ふみお)小端史郎 (ふみお)小端史男 (ふみお)
小端冨美男 (ふみお)小端布三生 (ふみお)小端章夫 (ふみお)
小端冨美夫 (ふみお)小端富美夫 (ふみお)小端富美男 (ふみお)
小端冨美雄 (ふみお)小端史朗 (ふみお)小端冨美生 (ふみお)
小端富美生 (ふみお)小端章生 (ふみお)小端布三雄 (ふみお)
小端富美雄 (ふみお)小端章雄 (ふみお)小端布三男 (ふみお)
小端章男 (ふみお)小端文緒 (ふみお)小端史緒 (ふみお)
ランダムメモ: 石川さんの姓名判断はこちら→石川
小端史士 (ふみお)小端二三朗 (ふみお)小端文美雄 (ふみお)
小端文夫 (ふみお)小端富実夫 (ふみお)小端風見生 (ふみお)
小端史於 (ふみお)小端風美欧 (ふみお)小端文香 (ふみか)
小端史佳 (ふみか)小端史加 (ふみか)小端史夏 (ふみか)
小端史果 (ふみか)小端史花 (ふみか)小端史華 (ふみか)
小端史香 (ふみか)小端冬美香 (ふみか)小端富実香 (ふみか)
小端富美佳 (ふみか)小端富美香 (ふみか)小端扶美香 (ふみか)
ランダムメモ: 2004年の人名用漢字の追加により、以下の漢字については使用可能となりました。「雫」「苺」「遙」「煌」「牙」
小端扶未香 (ふみか)小端芙美香 (ふみか)小端芙弥花 (ふみか)
小端楓美香 (ふみか)小端文佳 (ふみか)小端文嘉 (ふみか)
小端文夏 (ふみか)小端文歌 (ふみか)小端文花 (ふみか)
小端文華 (ふみか)小端文雅 (ふみか)小端文香 (ふみか)
小端歩佳 (ふみか)小端富美香 (ふみか)小端史香 (ふみか)
小端文雅 (ふみか)小端文華 (ふみか)小端文歌 (ふみか)
小端文嘉 (ふみか)小端史夏 (ふみか)小端文佳 (ふみか)
ランダムメモ: 明治末期から大正にかけて名を成した画家で、小室翠雲という人がいましたが、「スイウン」の発音が衰運に通じるた心、縁起をかつぐ人や投機家は翠雲画伯の絵を敬遠しました。一方、同時代の寺崎広業画伯は業を広める″とは縁起がよいとばかり、だれにでも喜ばれました。
小端富美佳 (ふみか)小端史佳 (ふみか)小端郁花 (ふみか)
小端福美加 (ふみか)小端文一 (ふみかず)小端史一 (ふみかず)
小端文和 (ふみかず)小端文数 (ふみかず)小端史和 (ふみかず)
小端郁和 (ふみかず)小端文樹 (ふみき)小端文規 (ふみき)
小端文芸 (ふみき)小端文清 (ふみきよ)小端文子 (ふみこ)
小端ふみこ (ふみこ)小端ふみ子 (ふみこ)小端フミコ (ふみこ)
小端フミ子 (ふみこ)小端郁子 (ふみこ)小端英子 (ふみこ)
ランダムメモ: 9画や10画は、あまり良い数字ではありません。名づけの時には避けた方が無難といえるでしょう。逆に自分が9画・10画である場合には、このことを利用して良いように自分の運勢を変えてゆくことが必要だと思います。
小端史子 (ふみこ)小端詞子 (ふみこ)小端章子 (ふみこ)
小端践子 (ふみこ)小端典子 (ふみこ)小端二三子 (ふみこ)
小端二女子 (ふみこ)小端二美子 (ふみこ)小端夫海子 (ふみこ)
小端夫美子 (ふみこ)小端婦美子 (ふみこ)小端富己子 (ふみこ)
小端富三子 (ふみこ)小端富美江 (ふみこ)小端富美子 (ふみこ)
小端冨美子 (ふみこ)小端布見子 (ふみこ)小端布美子 (ふみこ)
小端布巳子 (ふみこ)小端扶美子 (ふみこ)小端普美子 (ふみこ)
ランダムメモ: 画数に「17」をもつ人はすぐれた直感力、観察力で、躊躇せず物事に当たっていきます。頑固一徹で思い込みの激しいところがあります。対応には柔軟性を持たせましょう。
小端芙美子 (ふみこ)小端風美子 (ふみこ)小端文子 (ふみこ)
小端文美子 (ふみこ)小端歩美子 (ふみこ)小端冨美子 (ふみこ)
小端芙美子 (ふみこ)小端富美子 (ふみこ)小端史子 (ふみこ)
小端郁子 (ふみこ)小端二美子 (ふみこ)小端英子 (ふみこ)
小端富美江 (ふみこ)小端二女子 (ふみこ)小端扶美子 (ふみこ)
小端典子 (ふみこ)小端布美子 (ふみこ)小端婦美子 (ふみこ)
小端夫美子 (ふみこ)小端風美子 (ふみこ)小端章子 (ふみこ)
ランダムメモ: 戸籍上の自分の名前を変えるのには時間がかかりますが、変えられないというわけではありません。但し、姓名判断の結果が悪いからという理由はなかなか認められにくい側面があります。
小端践子 (ふみこ)小端夫海子 (ふみこ)小端富己子 (ふみこ)
小端楓美子 (ふみこ)小端風見子 (ふみこ)小端郁智 (ふみさと)
小端文怜 (ふみさと)小端文路 (ふみじ)小端文左 (ふみすけ)
小端文隆 (ふみたか)小端文孝 (ふみたか)小端史孝 (ふみたか)
小端踏孝 (ふみたか)小端文敬 (ふみたか)小端文貴 (ふみたか)
小端史隆 (ふみたか)小端文鷹 (ふみたか)小端文高 (ふみたか)
小端史貴 (ふみたか)小端文崇 (ふみたか)小端章峰 (ふみたか)
ランダムメモ: 日本では、姓名による吉凶の判断は、西暦一七〇〇年代から行われていたと伝えられています。
小端文武 (ふみたけ)小端文丈 (ふみたけ)小端文健 (ふみたけ)
小端文昭 (ふみてる)小端史人 (ふみと)小端史渡 (ふみと)
小端文斗 (ふみと)小端文翔 (ふみと)小端郁刻 (ふみとき)
小端史時 (ふみとき)小端文紀 (ふみとし)小端史俊 (ふみとし)
小端文敏 (ふみとし)小端文俊 (ふみとし)小端記稔 (ふみとし)
小端文駿 (ふみとし)小端史奈 (ふみな)小端史名 (ふみな)
小端文奈 (ふみな)小端史名 (ふみな)小端文奈 (ふみな)
ランダムメモ: 2010年12月1日現在では、人名に使用可能な漢字の数は、2767文字です。
小端富美奈 (ふみな)小端史奈 (ふみな)小端文成 (ふみなり)
小端書成 (ふみなり)小端風美寧 (ふみね)小端史乃 (ふみの)
小端扶美乃 (ふみの)小端芙美乃 (ふみの)小端文乃 (ふみの)
小端文野 (ふみの)小端文乃 (ふみの)小端史乃 (ふみの)
小端文信 (ふみのぶ)小端史亘 (ふみのぶ)小端文暢 (ふみのぶ)
小端文典 (ふみのり)小端史紀 (ふみのり)小端文則 (ふみのり)
小端文徳 (ふみのり)小端文紀 (ふみのり)小端史典 (ふみのり)
ランダムメモ: アメリカのノースカロライナ州に住んでいた通称「サマージ」と呼ばれていた人は、戸籍名はファーストネームだけで9,000字もあったそうです。世界中の有名人の名前をつなげたものになっていて、日本人であれば昭和天皇や中曽根元総理の名前も入っていたそうです。
小端二三彦 (ふみひこ)小端富美子 (ふみひこ)小端冨美彦 (ふみひこ)
小端文彦 (ふみひこ)小端史彦 (ふみひこ)小端誌彦 (ふみひこ)
小端文実彦 (ふみひこ)小端史久 (ふみひさ)小端史尚 (ふみひさ)
小端詞久 (ふみひさ)小端文七 (ふみひち)小端文秀 (ふみひで)
小端史英 (ふみひで)小端文英 (ふみひで)小端史秀 (ふみひで)
小端文仁 (ふみひと)小端郁仁 (ふみひと)小端文博 (ふみひろ)
小端文宏 (ふみひろ)小端史裕 (ふみひろ)小端文洋 (ふみひろ)
ランダムメモ: 画数に「16」をもつ人は目上の人からかわいがられ、後援なども得て発展していく良い運です。周囲の人や友人・知人が、あなたの運勢のキーパーソンであるといえます。平凡な人には興昧を示しません。非凡な才能を持った人や実力者などとの交際を通して、何かを吸収し、自分にプラスとなる生き方をします。
小端文弘 (ふみひろ)小端文裕 (ふみひろ)小端郁祐 (ふみひろ)
小端史啓 (ふみひろ)小端風美帆 (ふみほ)小端文正 (ふみまさ)
小端文丸 (ふみまる)小端文麿 (ふみまろ)小端文磨 (ふみまろ)
小端冨美子 (ふみみこ)小端文哉 (ふみや)小端史哉 (ふみや)
小端史也 (ふみや)小端郁也 (ふみや)小端文弥 (ふみや)
小端史弥 (ふみや)小端郁弥 (ふみや)小端文也 (ふみや)
小端典也 (ふみや)小端富実也 (ふみや)小端楓実也 (ふみや)
ランダムメモ: 姓名判断の結果をあまり重く受け止めるのは考えものです。名前はそう簡単に変えられるものではありませんが、環境や努力によって占いの結果を跳ね返すことはさほど困難なことではありません。同姓同名の人は同じ運勢を辿る、というわけではありませんから・・・
小端風見也 (ふみや)小端文冶 (ふみや)小端文康 (ふみやす)
小端文安 (ふみやす)小端史安 (ふみやす)小端文之 (ふみゆき)
小端文行 (ふみゆき)小端ふみ代 (ふみよ)小端郁代 (ふみよ)
小端史代 (ふみよ)小端章代 (ふみよ)小端章予 (ふみよ)
小端二三四 (ふみよ)小端二三代 (ふみよ)小端二美代 (ふみよ)
小端婦美代 (ふみよ)小端富美代 (ふみよ)小端冨美代 (ふみよ)
小端芙美世 (ふみよ)小端芙美代 (ふみよ)小端文三代 (ふみよ)
ランダムメモ: O型男性には、めいっぱい頼るべきで、愛する者 から頼られたときのO型男性は、ことさらたくま しくなり、それが活力となっていま以上の仕事に アタックする力を発揮します。
小端文世 (ふみよ)小端文代 (ふみよ)小端文美代 (ふみよ)
小端芙美代 (ふみよ)小端冨美代 (ふみよ)小端二三代 (ふみよ)
小端二三四 (ふみよ)小端章代 (ふみよ)小端文代 (ふみよ)
小端富美代 (ふみよ)小端文美代 (ふみよ)小端ふみ代 (ふみよ)
小端文世 (ふみよ)小端芙美世 (ふみよ)小端史夜 (ふみよ)
小端冨美誉 (ふみよ)小端風美世 (ふみよ)小端文好 (ふみよし)
小端文美 (ふみよし)小端文義 (ふみよし)小端文良 (ふみよし)
ランダムメモ: 中谷美紀という女優さんがいらっしゃいますよね。「君に高鳴る胸 眠る中谷美紀」は、回文になっているのだそうです。とてもロマンチックな回文ですね!本当にすばらしいです。リンク
小端文慶 (ふみよし)小端文吉 (ふみよし)小端文嘉 (ふみよし)
小端史良 (ふみよし)小端史吉 (ふみよし)小端紀由 (ふみよし)
小端史滝 (ふみよし)小端文芸 (ふみよし)小端麓 (ふもと)
小端フユ (ふゆ)小端冬 (ふゆ)小端芙友 (ふゆ)
小端芙由 (ふゆ)小端芙夕 (ふゆ)小端冬 (ふゆ)
小端吹夕 (ふゆ)小端楓夕 (ふゆ)小端風優 (ふゆ)
小端風柚 (ふゆ)小端芙優 (ふゆう)小端冬絵 (ふゆえ)
ランダムメモ: 外格に「18」をもつ人は多方面に知人ができ、社会的にも認められる運です。交友関係を整理して、自分に良い影響を与える人を選び、プラスのつき合いを心がけましょう。
小端冬恵 (ふゆえ)小端冬佳 (ふゆか)小端冬夏 (ふゆか)
小端冬華 (ふゆか)小端冬香 (ふゆか)小端富有香 (ふゆか)
小端富柚歌 (ふゆか)小端富由佳 (ふゆか)小端富由香 (ふゆか)
小端扶有香 (ふゆか)小端芙有香 (ふゆか)小端芙由佳 (ふゆか)
小端芙由香 (ふゆか)小端風優加 (ふゆか)小端風優香 (ふゆか)
小端芙由香 (ふゆか)小端芙有香 (ふゆか)小端扶有香 (ふゆか)
小端富由香 (ふゆか)小端冬香 (ふゆか)小端冬夏 (ふゆか)
ランダムメモ: 最近では、非常に難読の名づけが増えてきています。DQNネーム等とネットでは呼ばれていますが、このような名前は、ちゃんと読んでもらえない子供からすると有難くないものですよね。
小端芙由佳 (ふゆか)小端富由佳 (ふゆか)小端冬佳 (ふゆか)
小端富裕子 (ふゆか)小端布結歌 (ふゆか)小端芙柚佳 (ふゆか)
小端風優伽 (ふゆか)小端冬希 (ふゆき)小端冬樹 (ふゆき)
小端冬紀 (ふゆき)小端冬輝 (ふゆき)小端風悠希 (ふゆき)
小端風柚生 (ふゆき)小端冬妃 (ふゆき)小端布由希 (ふゆき)
小端芙雪 (ふゆき)小端ふゆ子 (ふゆこ)小端フユ子 (ふゆこ)
小端冬呼 (ふゆこ)小端冬瑚 (ふゆこ)小端冬子 (ふゆこ)
ランダムメモ: 私たちは、初対面の人にはまず自分の姓名を名のります。名刺を出すこともあります。電話をかけるときもまず自分の姓名を伝えます。そのときに、耳で聞いてすぐわかる名前、目で見てすぐ読める名前がよい名前です。そして、名前はその人を象徴するものですから、名前を聞いたり見たりするだけでその人のイメージがつくられるといってもいいすぎではありません。とすれば、よい名前とは、だれからも好感をもたれ、親しまれる名前ということになります。
小端富由子 (ふゆこ)小端富夕子 (ふゆこ)小端布由子 (ふゆこ)
小端芙優子 (ふゆこ)小端芙由子 (ふゆこ)小端芙祐子 (ふゆこ)
小端風遊子 (ふゆこ)小端フユ子 (ふゆこ)小端芙祐子 (ふゆこ)
小端芙優子 (ふゆこ)小端富夕子 (ふゆこ)小端ふゆ子 (ふゆこ)
小端芙由子 (ふゆこ)小端富由子 (ふゆこ)小端歩結子 (ふゆこ)
小端冬嗣 (ふゆつぐ)小端冬斗 (ふゆと)小端冬翔 (ふゆと)
小端風優人 (ふゆと)小端冬奈 (ふゆな)小端富由奈 (ふゆな)
ランダムメモ: 人格は、本来は性格面をあらわす数ですで、仕事運や家庭運を司ります。
小端冬音 (ふゆね)小端冬乃 (ふゆの)小端布優乃 (ふゆの)
小端冬陽 (ふゆひ)小端寒未 (ふゆみ)小端冬実 (ふゆみ)
小端冬美 (ふゆみ)小端不由美 (ふゆみ)小端富由実 (ふゆみ)
小端富由美 (ふゆみ)小端布由美 (ふゆみ)小端扶由美 (ふゆみ)
小端芙柚美 (ふゆみ)小端芙由実 (ふゆみ)小端芙由美 (ふゆみ)
小端楓友美 (ふゆみ)小端冬美 (ふゆみ)小端芙柚美 (ふゆみ)
小端扶由美 (ふゆみ)小端ふゆ美 (ふゆみ)小端芙由美 (ふゆみ)
ランダムメモ: 姓名判断の結果をあまり重く受け止めるのは考えものです。名前はそう簡単に変えられるものではありませんが、環境や努力によって占いの結果を跳ね返すことはさほど困難なことではありません。同姓同名の人は同じ運勢を辿る、というわけではありませんから・・・
小端富由美 (ふゆみ)小端不由美 (ふゆみ)小端芙由実 (ふゆみ)
小端富由実 (ふゆみ)小端冬実 (ふゆみ)小端冬海 (ふゆみ)
小端楓夕実 (ふゆみ)小端風優美 (ふゆみ)小端冬芽 (ふゆめ)
小端フヨ (ふよ)小端芙蓉 (ふよう)小端風里生 (ふりお)
小端不律 (ふりっつ)小端風里都 (ふりつ)小端古絵 (ふるえ)
小端古恵 (ふるえ)小端古江 (ふるえ)小端古枝 (ふるえ)
小端古枝 (ふるえ)小端古絵 (ふるえ)小端古恵 (ふるえ)
ランダムメモ: 外格は、総格から人格を引いた画数です。
小端振根 (ふるね)小端富礼愛 (ふれあ)小端布麗亜 (ふれあ)
小端風玲愛 (ふれあ)小端富楼羅 (ふろうら)小端芙羽梨 (ふわり)
小端風和璃 (ふわり)


小端さんの苗字(小端姓)の由来・ルーツについて:


名前が「ふ」で始まる有名人:
入江英義  俳優   大阪府
天地総子  声優   東京都
上杉二美  女優   長野県
立花房子  女優   山梨県
占部房子  女優   千葉県
水沢史絵  声優   栃木県
仁科扶紀  女優   京都府
大浦冬華  声優   北海道
小日向文世  俳優   北海道
常田富士男  俳優   長野県
谷藤太  俳優   京都府
渡辺富美子  女優   東京都
乙黒史誠  俳優   埼玉県
越路吹雪  女優   東京都
小柳ふよう  女優   秋田県
小夜福子  女優   静岡県
久松史奈  歌手   愛知県
山路ふみ子  女優   兵庫県
鈴木藤丸  俳優   神奈川県
坂本冬美  歌手   和歌山県
平野文  声優   東京都
立木文彦  声優   長崎県
藤本房子  歌手   東京都
監物房子  女優   千葉県
山野史人  俳優   大阪府
原史奈  女優   東京都
北原文枝  女優   東京都
宮川不二夫  俳優   東京都
檀ふみ  女優、エッセイスト   東京都
藤間文彦  俳優   東京都




twitterでの名前占いに関するつぶやきは以下です:
名前ランキング2010-2012new
ラッキーブログパーツnew
姓名神社(名づけツール)
新字・旧字について
熊崎健翁について
リンク
命名用のアイディア
twitter bot
名前ランキング2009
名前ランキング2010
コラム:石川遼
読むのが難しい名前について
アメリカ人が読みにくい名前


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS2.0 Add to Google
話題の人の名前をチェック:
前田敦子
檀れい
宮崎あおい
高岡蒼甫
水野美紀
大島優子
平野綾
小野恵令奈
及川光博
河原雅彦
川澄奈穂美
三城晃子

※姓名の分割処理を誤る場合があります。

話題の人過去ログ



メンズエステ