名前占い・姓名判断・名づけ 名前占いで自分探し・人探し 占いならば任せなさい!

「て」で始まる苗字 

 名前占い >
  
てい
堤井 定期 帝京 貞孝 貞照
帝人 鄭蘇 延々 手稲 手打
手賀 手下 手川 天川
手串 手口 手倉森 手操 手越
手坂 手崎 手沢 手澤 敕使河原
勅使川原 勅使河原 鉄地河原 刺使川原 手柴
ランダムメモ: 数千年前、一字一字考定の意味を持つ表意文字が発明されました。その代表的なものが、エジプトの象形文字や中国の漢字です。一方、アルファベットは表音文字であり、記号としてできたものですが、象形文字は、その一字ごとがものの形を表し意味を含んでいます。漢字はさらに、音を伴って今日まで伝えられてきました。
豊島 豊嶋 手嶌 手代木 手代森
手鹿 手島 手嶋 手塚 手銭
樋園 樋高 手谷
鉄井 鉄尾 鐵尾 哲翁 手束
鉄川 鉄具 鉄指 鉄崎 鉄谷
鐡谷 鉄田 鐵田 鉄地川原 鉄戸
鉄野 鐵野 鉄鉋 鐵見 鉄村
ランダムメモ: 人格が「25」の人は自立心旺盛な人。他人からのアドバイスがなくても、自分なりのものさしで決断する実力派。行動力も手腕も相当なもので、事業を興しても成功します。
鉄本 鐵本 鐵屋 鐵谷 鐡屋
鉄羅 手塚 手面 手戸 手登根
手取 手野 手原 手計 手平
手皮 転法輪 手間本 手蓑
寺井 寺居 寺池町 寺石 寺一
寺牛 寺内 寺浦 寺江 寺尾
寺岡 寺上 寺川 寺垣 寺木
ランダムメモ: 庶民も苗字を名のることができるようになったのは、明治時代になってからです。一八七一年(明治三年)に発布された太政官布告仁よって、すべての人が苗字を名のることを許されました。次いで一八七六年(明治八年)には、すべての人が苗字をもつことが義務づけられました。同じころ人の名は一つに限るとされ、これまでのような姓や氏、官職まで連なった長い名や通称まで含んだ名は禁止され、現代と同じ「苗字十名前」のかたちとなりました。それまで苗字をもっていなかった人は読み書きができないので、村の物知りや寺のお坊さんなどにつけてもらいました。
寺北 寺岸 寺窪 寺久保 寺倉
寺口 寺神戸 寺越 寺腰 寺坂
寺阪 寺崎 寺前 寺迫 寺里
寺沢 寺澤 寺澤 寺師
寺敷 寺重 寺下 寺島
寺嶋 寺嶌 寺次 寺主 寺栖
寺末 寺瀬 寺曽 寺杣 寺添
ランダムメモ: 庶民も苗字を名のることができるようになったのは、明治時代になってからです。一八七一年(明治三年)に発布された太政官布告仁よって、すべての人が苗字を名のることを許されました。次いで一八七六年(明治八年)には、すべての人が苗字をもつことが義務づけられました。同じころ人の名は一つに限るとされ、これまでのような姓や氏、官職まで連なった長い名や通称まで含んだ名は禁止され、現代と同じ「苗字十名前」のかたちとなりました。それまで苗字をもっていなかった人は読み書きができないので、村の物知りや寺のお坊さんなどにつけてもらいました。
寺園 寺薗 寺舘 寺谷 寺田
寺台 寺平 寺地 寺辻 寺坪
寺津 寺塚 寺出 寺東 寺床
寺戸 寺土 寺泊 寺中 寺永
寺西 寺沼 寺根 寺野 寺橋
寺畑 寺畠 寺原 寺林 寺分
寺部 寺辺 寺堀 寺前 寺町
ランダムメモ: 井上さんの姓名判断はこちら→井上
寺松 寺廻 寺見 寺道 寺光
寺南 寺峰 寺村 寺沢 寺本
寺元 寺谷 寺屋 寺山 寺輪
寺脇 照井 てるい 照内
照岡 照川 照木 照喜名 照喜納
照喜銘 寺沢 照下 照島 照嶋
照田 照月 照沼 照本 輝本
ランダムメモ: A型女性同士、互いにつきあいかたに節操があって、非常識なまねはできないのです。こうした気質が、長い間変わらない友情を保っていけるのでしょう。
照元 照屋 照山 寺倉 手老
天海 天願 天雲 天外
天花寺 天花寺 天幸 天正 天竺
天神林 天前 天造 天田 天童
天道 天日 天王 天納 天王澤
天王寺谷 天白 天保 天保山 天間
天間舘 天間館 天満谷 天明 天明屋
ランダムメモ: 結婚すると天画が変わることがあるので、姓名判断の結果にも少なからず結果に違いが出て参ります。出来れば良い苗字の方と結婚したいものですが・・・なかなかそうもいかないでしょうね。
天元 天理


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS2.0 Add to Google
話題の人の名前をチェック:
前田敦子
檀れい
宮崎あおい
高岡蒼甫
水野美紀
大島優子
平野綾
小野恵令奈
及川光博
河原雅彦
川澄奈穂美
三城晃子

※姓名の分割処理を誤る場合があります。

話題の人過去ログ



メンズエステ